ごあいさつ

会長就任挨拶

会長 小橋達夫
2018~2019
会長 小橋 達夫

 今年1年会長を務めさせて、戴きます。
 今年の国際ロータリー、バリー・ラシン会長のテーマは「BE THE INSPIRATINON」(インスピレーションになろう)ですが、この1年ロータリアンとして心を振るい立たせ、鼓舞し、この郡山安積ロータリーを活性化していきたいと思います。
 また、平井義郎第2530地区ガバナーは、第1の目標として「会員基盤の維持と強化」を挙げています。各クラブ2名の純増(女性会員1名、40歳未満1名)で、クラブの高齢化に対応し、クラブを永続的に維持しようとのことです。
 当クラブも創立以来30を過ぎ、これまで培ってきた郡山安積ロータリーとしての、特色ある継続事業が有ります。これに加え、近年特に直前会長、前々会長が会員の皆さんと共に締結した姉妹クラブ、台湾の桃園福宏扶輪社、奈良県の橿原ロータリークラブに加え、従前からの西那須野ロータリークラブが有ります。姉妹クラブと良好で友好的な関係を継続していくためには、相手クラブの文化・歴史を理解することが必要なことと思います。 
 西那須野ロータリークラブとは、安積疎水と那須野ヶ原の疎水事業の関連、西那須野ロータリークラブの仲介に拠る桃園福宏ロータリークラブとは、戦前・戦後からの日本と台湾との交流、奈良県橿原ロータリークラブとは、東日本大震災後のスポーツ少年団への支援を契機とする交流で、平安京前の日本最初の首都(神武天皇)としての、歴史的、影響等を理解することが必要かと思います。
 郡山安積ロータリークラブも33年目を迎え、これからはまた新しいクラブの特色を形成して行く必要があると思います。今までの郡山安積ロータリークラブの良い点を残しつつ、若い会員が増えたことから、若返りを図り活気あるクラブとして行く必要が有ります。
 会員独自で、会員相互で、クラブライフを楽しむのも良いですが、クラブの活動を理解し、協力して貰うためにも、家族と一緒に行事に参加し、この郡山安積ロータリークラブを活気あるものにする必要が有ります。家族の理解が有って初めて、ロータリーの活動が充実したものに出来ると思います。
 自分のクラブ内だけでなく、またクラブの充実を図るためにも、他のクラブの活動を知ることが必要と思われるため、中央分区の他のクラブとの合同例会を開催致します。
 これらの活動を通して、郡山安積ロータリークラブを活気有る、楽しいクラブにしたいと思いますので、1年間宜しくお願い致します。

幹事就任挨拶

幹事 高橋 亮
2018~2019
幹事 高橋 亮

 今年度、幹事を務めさせていただくことになりました高橋亮です。よろしくお願いいたします。
 7月から、幹事としての役割を1年間つとめられるのか不安でいっぱいです。
 わからないことだらけで、皆様にお聞きすることがあると思いますので、よろしくお願いいたします。
 毎週のように会長幹事会が出席する行事があるとは聞いていますが、ついていけるのか不安です。小橋会長のもと、皆様の協力と指導をいただき、目先の行事を一つ一つこなしていくしかないと思っています。
 皆様、何卒よろしくお願い申し上げます。

Return to Top ▲Return to Top ▲